Raspberry Piの起動SDディスクをGUIで簡単に作成できるEtcherが便利

RaspbianをEtcherを使用して簡単にSDディスクに焼きたい

 今までRaspberry Piの起動用のSDディスク作成するのに、Macのターミナルでddコマンドを使っていたのですが、コマンド毎回自分のブログからコピペするのが結構面倒くさいなと思っていました。

 そんな中、MagPi MagazineでRaspbianを焼くのにEtcherというGUIソフトが推奨されていると聞いたので早速試してみました。

Etcherインストール

 以下からダウンロードしてインストールしましょう。マルチOS対応なのでWindowsでもMacでもLinuxでもOKです。

A cross-platform tool to flash OS images onto SD cards and USB drives safely and easily. Free and open source for makers around the world.

 MacでHomebrew使っている人は、以下のコマンド一発でもダウンロード可能です。

$ brew cask install etcher

 では早速EtcherでRaspbianを焼いてみることにします。

Raspbianダウンロード

 まずは、Raspbianをダウンロードしましょう。以下から最新バージョンのzipファイルをダウンロードしましょう。今回は2016-11-25リリースのバージョンを使用しました。

Raspberry Pi OS (previously called Raspbian) is the Foundation's official supported operating system. Install it with NOOBS or download the image below.

SDカードフォーマット

 SDカードを用意して、フォーマットをしておきましょう。SD Card Formatterがよいかと思います。

SDメモリカードフォーマッター はSDAが発行したSD File System Specificationに準拠して、SDメモリカード、SDHCメモリカード、およびSDXCメモリカード(以下SD/SDHC/SDXCカードと称します)をフォーマットします。

 SDカードは8GB程度の容量があるものを選びましょう。

EtherでSD作成

 Etherを起動します。以下MacでRaspbianをSDに焼く例ですが、他のOSでも同様にできると思います。

Etcher_01
 起動したらこのような画面が表示されます。もうこの画面見たら大体やることわかりますね。

 最初にSelect ImageでダウンロードしたRaspbianを選択します。なんと解凍前のzipファイルを選択してOKなので2016-11-25-raspbian-jessie.zipを選択します。

Etcher_02
 次にSDが挿入されているドライブを選択(今回は/dev/disk2)して、Flash!をクリック

 なんとこれで作業完了。あとは待っているだけです。

Etcher_03
 最初にWritingが始まり100%になるとValidationが始まり100%になったら完了。

Etcher_04
 この画面が出たら成功

 試してみたら、無事Raspberry PiでRaspbianが起動しました。非常に簡単に起動SD作成できるのでよいですね。今後はddコマンドじゃなくて、Etcher使おうかなと思います。

 ただ、実は初回失敗して2回目で成功しました。まだ試してみたばかりなので、もう少し使い込んで様子をみてみようかなと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告