カメラモジュールで動画撮影・PCで見られるようにmp4に変換する方法

Raspberry Piカメラモジュールで動画撮影

 Raspberry Piのカメラモジュールで動画撮影するには、以下のようなコマンドを入力します。-tの後の数字が動画の撮影時間で単位はmsです。以下だと10秒撮影します。

$ raspivid -o test.h264 -t 10000

動画をRaspberry Pi上で再生したい場合は、以下コマンドで再生できます。

$ omxplayer test.h264 

h264形式をmp4形式に動画変換

 h264形式の動画は、他のPCで見るには都合が悪いので、mp4に変換してやるのがよいです。Raspberry Piで変換してやるには、まず以下でソフトダウンロードしましょう。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install -y gpac

 インストールしたら、下記のコマンドで変換できます。

$ MP4Box -fps 30 -add test.h264 test.mp4

画像から動画ファイルを生成

 静止画像から動画を作ることもできます。一定時間間隔で撮影した連続写真を動画にするタイムラプス撮影に便利です。以下記事でタイムラプス動画作成していますので興味ある方は参照下さい。

参考サイト

 ほとんど以下のサイトに書いてある内容のままです。

前回のコラム『Raspberry Pi専用カメラモジュールで遊ぼう part 1』では、カメラモジュールで制止画を撮影する方法を説明しましたが、今回は動画について説明していきたいと思います。カメラモジュールを使用するには、まずはじめにRaspberry Piのファームウェアを最新のもの
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告